お客さまから頂きました施工例2,100件以上感想18,000件以上が続々届いております。
全ての施工例はこちらより確認できます
JS Bin

ディーズガーデン カンナ物置シリーズ

  • 新しい住宅にはデザイン的な建築物が立ち並び、お庭やファサードにもこだわりを持った方が増えています。
  • スチール物置は、デザイン性のある建物やお庭に合わない。
    デザインの良い木製物置は、メンテナンスに困る。
  • そういったお客様のニーズから誕生したのが、FRPとスチール素材で作られたこの「ディーズカンナ物置」です。
  • 収納するだけの物置ではなく、お庭を飾るオブジェのように、癒しの空間を演出してくれます。

カンナキュート物置の特徴とこだわり

愛着のある正統派デザイン

カンナ物置の最も特長とするところは、なんといっても見ていて癒される愛着審のある正統派デザイン。
ご購入いただいた方からのメールには「カンナに一目惚れして購入しました」などと書かれたものが何通もよせられています。
新しい住宅にはデザイン的な建物が立ち並び、お庭やファーサードにもこだわりを持つ方が増えています。
カンナ物置はそういった住宅に合った物置というだけでなく、カンナ物置の存在で全体が素敵に演出できることを願ってデザインしています。
カンナ物置は全国のデザイン提案型の信頼ある限られた専門店のみでしか取扱っていません。
そのデザインにこだわりのあるデザイナー達の中にはカンナの魅力に取りつかれた方も多いようです。
外構や造園のプランにはカンナ物置を必ず薦める方もいます。
そういった専門家たちが推奨する素敵な物置なのです。
※イメージはディーズガーデンシェッドカンナ キュート(ブラウン)です。 ※イメージの照明・ツールハンガー・フラワーハンガーは
別売りです。

丈夫な材質FRPを使用

材質には軽くて強度があるFRPを採用し木部の木目やレンガ部分のムラ、凸凹感を忠実に再現をしております。
また、無機質なりになりがちな外側銅板部のフレームには、塗り壁調の特殊塗装を施すことによりどの角度から見ても優しい南欧風のイメージが損なわれない様に工夫をしております。
木製物置のデメリットである汚れ、反り、割れ等もおこりにくく、メンテナンス性に優れた商品 です。

【FRPの特徴】

  • 軽くて丈夫
  • 耐久性にすぐれている
経年変化についても鉄のようにサビることなく、木のように腐食することもないのでメンテナンスの要らない非常にすぐれた素材です。
FRP表面には高級車にも使用している高品質な塗料「アクリルウレタン塗装」を施して、リアルな表現を実現しています。
また、カラーコーディングの上層にクリアのUVカット成分の含まれた最高級のトップコートを施しています。

安心のカムロック錠付き

カムロック錠を標準装備しました。
大事な収納物への防犯はもちろんの事、強風時に扉が開いてしまう事もありません。
また取手はアルミ鋳物製ですので錆びにくく、
永くお使い頂きます。

塗り壁調の壁面

無機質になりがちな銅板部分には、塗り壁調の特殊塗装を施しました。
どの角度から見ても優しい南欧風のイメージです。

扉の開閉方向を選べます!

ヨーロッパの街角をイメージしてアーチ状の一枚扉を採用しました。
アイアン調の飾りと上部のレンガアーチがあなたのお庭を個性的に演出します。
また、設置場所・使い勝手に合わせて 「左開き」「右開き」 をご指定いただけます。
開きすぎないストッパー も装備!

収納棚とガーデン用品掛けを標準装備

  • 収納棚:4枚付き
  • 棚は収納物の取り出しやすさを考慮して両側に配置。
    標準で4枚付属しています。
    ※正面のオプション棚は別売りです。
    サイドの標準棚に正面には取付できません。
    また、標準棚とオプション棚は異なる高さでの設置はできません。
  • ガーデン用品掛け
  • 5連フックを標準装備しています。
    スコップなどのガーデニング用品を収納する時に便利です。
※イメージカラーは「オレンジ」です。
 照明・ツールハンガー・オプション棚は別売りです。
※扉が選べる部分、カムロック錠、ストッパーは、
 他諸々がキュートのみの仕様となります。
下記組み立て手順はディーズガーデン カンナD70の組立て手順となります。
他ディーズ物置の組立とは若干異なるケースがございますので、予めご了承下さい。
今回は、ディーズ物置を初めて組むファミテイ職員2名に組み立ててもらいます。
(下記の手順はディーズ物置のカンナD70の組立て例を元に解説しています。
他ディーズ物置のご購入をお考えの方は、組立例の参考としてご一緒頂ければと思います。)

お客様の元にこれだけの梱包数が届きます。
数が多いため、置き場所をあらかじめ考えておくことをオススメします。

梱包に入っている状態だと使いたい部材をさがすのが大変なので、
まずはすべて開封していきます。

全ての部材を並べてみました。178cmの男性スタッフがこんなに小さく見えます!

基礎ブロックを水平に並べ、床を組み立てます。
※基礎ブロックを完全に水平にしないと、扉がはまらないなどの不具合が発生します。

まわりの壁をはめ、屋根などを設置していきます。

扉と本体を取り付けます。一人で壁を持ち上げながら、ヒンジを取り付けていきます。

レンガ調の柱を左右に取付けて木目調の屋根を取り付けていきます。
結構な高さがあるため、ハシゴが必ず必要です。

扉の高さが左右の扉でズレております。
この調整には扉を持ち上げる者と、ヒンジを締める者、最低2人分の人手が必要となります。

完成です!物置組立てが初めての私達2人で計10時間かかりました。
組立てが大変そうと感じたお客様には工事込の商品もございます。
詳しくは下記のリンクへ

ディーズガーデン佐賀部長へ
カンナ物置についてインタビューしました!

ディーズガーデンへ訪問!
カンナ物置について担当の佐賀部長にインタビューしました!

Q.ディーズガーデンってどんな会社ですか。

ディーズガーデンはブランド名で、会社名は「株式会社 傳來工房」です。
元々は鋳物製品を作っている会社で、京都で一番の老舗で(全国では8番目)、806年に創業しました。JR大阪駅のレリーフや皇居などの鋳物製品も弊社が作ったものなんですよ。

JR大阪駅のレリーフ

皇居

ディーズガーデンは2003年2月にデザインと品質にこだわりを持った新感覚のガーデンエクステリアブランドとして立ち上げました。
物置のほかに、ポストや表札、立水栓なども製造しております。

立水栓

Q.ホームセンターなどでディーズガーデンの商品を見かけませんが、
どうしてですか?

実はディーズガーデンの商品は、選ばれた 正規特約店しか取り扱うことができない商品なのです。
一般流通が目的ではありませんので、商品のこだわり、商品の情報を提供できないお店とは、おつきあいをしておりません。
よって、私どもが認証したプロがいる外構工事店でしか手に入らない商品です。
ちなみにファミリー庭園は、正規特約店10番のディーズガーデン立ち上げ当時からのメンバーです。

Q.とてもオシャレな物置ですが、高すぎませんか?

確かに高額です。
しかし物置に合わせてお庭のオブジェとして末永くノーメンテナンスで使っていただきたいので、細部までこだわって製作し、
自信をもってこの値段で販売できる商品となります。
この自信は、2003年の発売開始から商品を購入されたお客様より一度も「値段に見合わなかった」と言われたことがないことからきております。
正直、発売当初は多少こういう意見もあるだろうとハラハラしておりましたが、
未だにございません。
メーカーの我々も想定外でびっくりしておりますが、
これが品質の自信になっております。
しかし、扉があけにくい等のご不満の声はいただいたことがございます。
現場に行ってみると、物置の下地が水平でないことが主な原因でした。
お客さまに伺ってみると、DIYやディーズガーデン商品に慣れていない工事店に頼んだことが、このような不具合につながっておりました。
やはり我々が認証した正規特約店にて、信頼のできる工事を行ってもらうことを、お客様にはオススメします。

Q.工場で製作するのにどれくらいかかっているのですか。

機械での大量生産ではなく、一つ一つが人の手で作られているため、
計5日はかかります。
FRP製品は、型にガラスマットを沿わせ、ローラーを使って液体状の樹脂をなじませて形を作っていきます。
また塗装は、レンガ部分に4色(ベージュは5色)、木部分には3色の異なった色を使い、アンティーク感を出しております。
塗装して乾かし、また塗装するといった流れを何回も行っております。

Q.オススメのオプションはありますか?

フラワーハンガー A」です。
2人に1人はこのフラワーハンガーAをつけていただいて
おります。
このオプションは、木製の物置にはつけられない商品のため、カンナしかないオプションだと思います。
(木製の物置に取付けると、中がカスカスなので、ぶら下げるお花などの重量に耐えられないためです。)
ぜひ、このオプションを取り付けて、お花など飾り、自分だけのオシャレ物置を作っていただきたいです。

Q.雨だれなどで汚れたりしますか?

実は、物置の先端部分(軒)が雨樋の役割をしております。
雨が降ると、雨水が屋根を伝って先端部分(軒)に集まり両側に流れ、
レンガ柱の内側を通って、足元に流れる仕組みになっております。
よって、雨だれの発生を最小限に抑えており、汚れにくくなっております。

インタビューまとめ

今回取材させていただいた佐賀部長は、自社商品を話し出したら、
もう止まりませんでした。
また営業の西木さんも入社して間もないのに、佐賀部長の補足を入れてくれました。
それだけ、自社商品に自信があり、愛着があるのだろうと実感いたしました。
熱意に押されすぎて、引き気味になってしまいましたが、お話をしていると本当に良い商品でだんだんと私もこの商品を説明し、自慢したくなってきました!

佐賀部長、西木さん、
お忙しい中インタビューさせて頂き、ありがとうございました!

ディーズスタッフ(部長:佐賀さん・営業:西木さん)